スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 卵管造影検査終了! D13
2007年11月20日 (火) | 編集 |
行ってきましたよ、卵管造影検査

無事、卵管通っていることが確認できました!
生理初日から13日目。


卵管造影検査の手順はこんな感じ。
前回の診察で処方してもらった薬は
・ブスコパン錠  腹痛を和らげるための薬
・ホスミシン錠250  抗生剤

1. 食事は検査の3時間前までに済ませる
2. 検査の30~1時間前にブスコパン錠を少量の水で飲む
3. 内診で卵胞チェック&カテーテル挿入
4. レントゲン室で造影剤注入&2枚撮影
5. 10分後くらいに再度1枚撮影
こんな感じでトータル1時間ちょっとで終了。

ブスコパン錠が効いたのか、痛みはほとんどありませんでした。
一番痛みを感じたのは、カテーテルを入れてから器具で固定する時にキュウって感じの痛みがありました。
正直、これから造影剤を注入するからもっと痛くなるんでしょ?と焦っていたら、看護師さんが「今が一番痛いかもしれないです」と言ってくれたのです。
それでこわばりかけた体がちょっとほぐれたりして

レントゲン室に行くと撮影台の上に立ちます。
左右のレバーを握るように言われ、撮影台が後ろに倒れ、寝かされる形に。
不思議なんですが、この時ってすご~く頭がさがる感じがするんです。
私、思わず看護師さんに聞いちゃいました、「頭の方が下がってるんですか?」って。
そうしたら、同じことをよく聞かれるそうですが、床と並行なんだとか。

造影剤を注入される時って痛いって聞きますよね?
カテーテルがピクッって動いたので、それで造影剤が入り始めたとわかりましたが、痛みは全くありませんでした!!!
しかも、注入から撮影終了までの時間も、想像よりずっと短かったように思います。


田園都市レディースクリニックは、カテーテルは一般のものより細いものを使用しているそうですよ。
また、卵管造影検査のレントゲン写真をその日に見せてくれます。
全て終わって15分くらい待ったでしょうか。
そうしたら、先生から「痛みはどうですか?」と。
終わったという安堵感から「大丈夫でしたぁ~」と間の抜けた返事をしたらぶりーな

D13の卵胞は14mmと12mmくらいらしいです。
若干基礎体温が上昇カーブだったので、卵管造影を担当してくださった先生(いつもの先生とは違う)が「あれ?排卵しちゃった?」と言っていたのですが、まだまだ卵ちゃん成長中
私の担当の先生と初診時に「検査の後にタイミングが合えば人工授精も…」と話をしていたんですね。
今の卵の大きさだと、22日また診察をして、それで、24日に人工授精をするか、今周期はタイミングで頑張ってみるか決めましょうということになりました。


本来、もっと早くに済ませておきたかった卵管造影検査。
卵管が詰まっていれば、タイミングでも人工授精でも関係なく、卵子と精子が出会えないんですものね。
これで、数回は人工授精&タイミングで頑張ってみることに決定!
目の前にちょっと先までの地図が広がったような気がします。

今の先生について、また今度書きますが、今のところ私には合っていると感じます。
だって、しょーもないことも、ちょこっと聞きやすくて。
今日も「明日飲み会なんですけど、お酒ダメですか?」って聞いたら、先生「あえて飲みなさいとは勧めないけど、明日なら大丈夫ですよ。」(検査当日はできればやめておいた方がいいようです)と。
にこやかに話される先生ではないですが、ちょこっと( ̄ー ̄)ニッって感じで笑ってこんなことをおっしゃる。
私にはそれがお茶目だなって思えるんですよ。


この先生、私たち夫婦の考えもちゃんと聞き、必要な検査を先にすることを勧めてくれ、年齢も考慮に入れて、初診時に治療プランをざっとですが示してくれました。
結果として、私たち夫婦が思い描いていた治療プランと同じになりました。
なんだかそれがとても嬉しく感じます。
同じ速さで歩いていけることが。
治療する側とされる側、どちらが勇み足でもいけないと思うのです。

ああ~、もっと早くに卵管造影やっておきたかった!
後ろを振り返ってもしょうがないので、前を向いていきたいと思います!
次は22日!!!

D13 : 卵胞は2個あって14mmと12.5mm
お会計 : 14070円


コメント、お待ちしてます~♪

らぶりーなは、ブログランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
詳しいレポありがとうございます!
詰まっていなければ痛くないって話も聞きますね。
そこのクリニックでは細い管なんですね。
それも来院者のことを考えてくれてて
とって見いいですね。
ちょっと勇気がわいてきました。

ところで、本で読んだんですが
排卵期に限っては子宮の内壁が腹腔に精子を通すとか・・・。
卵管詰まっていたとしても
妊娠の可能性ってあるらしいですよ。
(本当かどうか確かめてない情報ですが・・・)
だとしたら可能性が高まるので嬉しいなと思っています。
2007/11/21(Wed) 14:14 | URL  | ももちぷ #-[ 編集]
★ももちぷさんへ★
ももちぷさんも「えいやっ!」って思えたらその時は卵管造影検査、しちゃうといいかもですよ♪

さて、本で読んだという話。
「至急の内壁が腹腔に精子を通す」のですか?
私も全然調べていないのでももちぷさんの受け売りですがv-356
可能性が高まる話は、いくらあってもいいですよね!
2007/11/22(Thu) 17:29 | URL  | らぶりーな #MgIxvhDQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。