スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 後日談 D35
2008年04月26日 (土) | 編集 |
基礎体温:36.91度

先日、「夫婦間の温度差」について日記を書きました。
これには、後日談が…。

さすがに、過敏に反応しすぎたかと自分の態度について謝りました。
そこまで感情的になるような言葉でもなかったんじゃないかと、後から自分の日記を読み返して思ったんですよね。
だんなはだんなで、「採卵が終わって、胚盤胞が4つできたっていうから安心しちゃった」そうです。

えっ?だんなはそこで安心できちゃうの? 

あぁ…また瞬間湯沸かし器のように、カーッときちゃいましたよ 


うちのだんなは、体外受精に進む前に「採卵ってどんなことするの?分かりやすく言うとどんな感じ?」と聞いてきたことがあるんですね。
その時に、簡単に採卵について説明したものの、男性にはイメージしにくいだろうな~とこんな例えを。
「う~ん、男性に置き換えると、大事なタマタマ君に針を何回か刺して精子を取り出すって感じかなぁ…」
それを聞いてだんなは、
そんなの絶対無理!らぶりーな、そんなのしなくていいよ~(脅える)
って言ったんですよ。
その時、そんなこと言ったって、採卵を乗り越えなきゃ、体外受精できないでしょうが…と私は思ったんですけどね。

もちろん、タマタマ君から精子を取り出すことと採卵はイコールではないけれど、感覚的には結構近いのではないかと思うんですがどうでしょう。
男性の場合は、麻酔も全身麻酔が適用になるのでしょうが、女性は無麻酔や局所麻酔で対応できるケースもある分、幾分軽いのかなって思ったりもしますが。
でも、「自分のことに置き換えて考えてもらう」ためには、この例えしか浮かばなくて。


でも、実際には採卵が終わって、胚盤胞が凍結できても、その先には移植、着床、妊娠判定と越えなくちゃいけない壁は、次々にやってきますよね。
採卵が終わってしかも胚盤胞になってホッとする気持ちは私にもあったけどそれで終わったわけじゃない。
しかも、自分では「できない~(=やりたくない)」って言ったこと(に近いこと)を私がやってきたのに、終わったらだんなが私以上にほっとしちゃったっていうのが、どうにも嫌だったんです。
いや、ちょっと違うかも…。
大変な採卵の後の私の体調や受精・分割などの報告に対して、だんながちょっと淡々としているように感じていたんですよね。
この発言で、それが思い出されて頭にきたのかもしれないなぁ。

「10個も卵採るって何回卵巣に針刺したと思ってんの!だんなはタマタマに針刺すなんてイヤだ、できないって言ってたのに、私はそれ頑張ってきたんだよ!気分悪くなってまでやってきたんだよ!でも、全然それで終わりじゃない!」
もう、ここまでで涙ポロポロ、鼻水ズルズル…(き、きちゃない)。
「胚盤胞まで育ったって移植してうまくいくとは限らないんだよ!移植したらしたで数日後には着床判定、その後には妊娠判定…心臓が破裂しそうなくらい緊張して聞きに行く気持ち、わかる?妊娠するまで安心なんてやってこないんだから~ 妊娠できたらできたでまたいろんな不安がいっぱい出てきてそれを抱えて頑張らなくちゃいけないんだから~※?!#$…(泣きながら話してるので全然言葉になってない)」
もうぐじゃぐじゃですわ(笑)。
こうなったら泣きたいだけ泣くしかないんですよね。
っていうか、もうコントロール不能で何言ってんだか自分でもわかんない状態で言葉にならない言葉が口をついて出てくる。
最後は…

「だんなのバカぁ~~!!!!!」

って叫んでオンオン泣きましたよ(苦笑)。っつーか…八つ当たり?(笑)
涙と鼻水でぐじゃぐじゃだったので、「ティッシュ…」と言うと、だんなは「はい」と箱ごと差し出してくれました。
「鼻かんでも詰まってて苦しい…。息できない…」と言うと、「うんうん」と言いながら箱からティッシュを何枚か出して差し出すだんな。
私はといえば、涙も拭いて鼻もかんで通りがよくなると、「ティッシュ、もういい」。(子供みたいな発言だ…。)

きちんと話しているつもりでも、意外と気づかないうちにためちゃってることもあるんですね。
八つ当たりかもしれないけど、吐き出してみて気づいたというか…。
ぜ~んぶ、口に出してみた私は

なんか…スッキリした 
だんなはそれを分かって、頭をポンポンとなでてくれました。
だんなにそう言うと、「そいつはよかった」と。
こういう時に怒らずにいてくれるだんな。私はどれだけだんなに助けられてるんだろう…と思ったり。
怒ったり、泣いたり、笑ったり…忙しいけれど、こうしながら2人で前に進んでいくしかないんですよね。
だんながどれくらい理解してくれたかはわからないけれど、表面上は平気なように見えてもそれが全てではないと感じてくれたように思います。
いろいろあるけど…私たちらしく不妊治療、これからも頑張ります 


今回のことを書いてきて、今、ふと思いました。
私はだんなにぶつけたり、治療中の友達に聞いてもらったり、こうしてブログに吐き出したりしてるけど、不妊治療中の男性はどこに気持ちをぶつけてるんだろう…
私が子供がほしいと思うようになるずっと前から子供をほしがっていただんな。
それでも、私の気持ちや生き方、仕事への考え…全部尊重してくれて、私が体を壊して約2年まともに動けなかった時も、私に対して怒ったり愚痴ったり八つ当たりしたりなんてことは一切しなかっただんな。
だんなはきっと「うち、不妊治療中でさ」なんて話は周囲にしてないだろうし…。

おおらかで時にお気楽なように見えるだんなだけど、だからって何も考えてないとは言えないですよね。
もしかしたら、「倒れるまで私が仕事するのを自分が止めてれば」とか「もっと早くに子作りのことを考えてれば」とかいう後悔がだんなにもあるかもしれない。
だんなはいつも私の気持ちを聞こうとしてくれる(今回みたいにちょっとしたすれ違いから、私の方が爆発までいっちゃうこともあるけれど、それでも聞こうとしてくれてると感じます)。
でも…私はだんなの気持ち、全然ちゃんと聞けていない気がしてきました…。
男性には男性なりの悩みがあるのかもしれない…そんな当たり前のことも私、自分のことばっかりですっかり見えなくなっていたなぁ。
自分の気持ちがもう少し落ち着いてきたら、だんなは普段、赤ちゃん待ちや不妊治療についてどんなことを考えているのか聞いてみたい…そう思います。


スポンサーサイト
テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
う・・・・。
大変でしたね。
自分の体のことでないだけに
どうしてもこちらの抱えている不安を
実感として捉えてくれるところまでは行きませんよね。
ウチもどうして私があせっているのか
どうにも分かってくれていないようです。
受精→着床→妊娠→出産という
一見単純に見えるプロセスの中に
どれだけ乗り越えなければならない壁があるのか
自分でも本とか読んで勉強して欲しいくらい。
でも、そんな中でも
だんな様の気持ちにまで目が行くらぶりーなさん
尊敬します・・・。
お互い、考えていることを少しでも多く理解しあえて
進んで行けたらいいなと本当に思います。
2008/04/26(Sat) 15:01 | URL  | ももちぷ #-[ 編集]
一緒だ~
怒る内容は若干毎回違うとはいえ、ラブリーナさんの今回の様子が私と全く一緒でビックリしちゃいました。笑い事じゃないけれど、ティッシュのくだりまで全く一緒だ~と思ってちょっと面白かったです。どこの家でも治療中のカップルは同じようなケンカを何回も繰り返して、愛が深まっていくんですよね。初めはむかつきながら泣きながら話しているけれど、スッキリする頃には旦那様の愛の大きさや包容力を再認識してみたり・・・
やっぱり男性にはわからない事ばかりみたいだし、だんな様の気持ちも聞いてあげたりする余裕を持ってあげたいですよね。自分もいっぱいいっぱいでなかなか難しいけどね(^^;
2008/04/27(Sun) 10:10 | URL  | みかりん #-[ 編集]
★ももちぷさんへ★
ははは~!自分の感情の波をだんなにぶつけただけで、喧嘩にもならない我が家なので大丈夫ですよ~(笑)。
私とだんなでは怒るポイントが違うので、私はいつもなだめられてます^^;

でも、気づかないうちに一生懸命になりすぎて、自分のことしか見えてないって、今回痛感しました。
難しいけれど、せめて身近にいるだんなだからこそ、もう少し自分に思いやりが必要だなって感じています。
2008/04/28(Mon) 22:53 | URL  | らぶりーな #MgIxvhDQ[ 編集]
★みかりんさんへ★
え~!ティッシュのくだりも一緒ですか?
ははは~!なんか想像すると笑えるっ!
やっぱり不妊治療って精神的にしんどい時期ってどうやったって訪れるから、こういうぶつかりはどうしても起こりうるんでしょうね。
うちのだんなは年下なのですが、いっつも私が感情的になって、それを落ち着かせてくれます。
そして、最終的には論理的に諌めてくれるという…。
年齢、サバよんでるんじゃ?とだんなを疑いたくなるほど落ち着いています。
そういうだんなを大事にしてあげたい、そう思います。
このだんなの子供だからこそほしいんですものね。
2008/04/28(Mon) 22:56 | URL  | らぶりーな #MgIxvhDQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。