スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 きっと抱ける…
2008年03月15日 (土) | 編集 |
なんでこんな時間に起きてブログを書いているかというと、さっき記事に書いた夢クリ通院の後に、お友達Rちゃんの家にお邪魔してきたから。
帰ってきて早々に寝ちゃったんですよ(笑)。
帰りに1時間半以上かかるところなので、ちょっと疲れちゃった 

その人は、元はといえば、お仕事を通じて知り合った人。
ところが、同い年、性格がとても似ている、不妊治療開始を考えた時期が一緒…などなど共通点が多く、いつの間にか自宅に招いてもらえる仲に。
Rちゃんは、治療を始めようとした矢先に自然妊娠。
去年、女の子を出産、今4ヶ月に入ったKちゃんの子育てに大忙し…。

Rちゃんは、治療を開始した私のことを全て理解とまではいかなくても、とても気遣いをしてくれるんです。嫌味じゃなくね。
だから、Rちゃんと臨月に会って、出産についての話やマタニティライフの話を嬉々としてされた時も、割と素直に受け止められたんですよね。
今回も「Kちゃんに会いにおいで~」「行く行く~!」って感じですぐに訪問決定でした。
Rちゃんとは臨月以来で、Kちゃんとは初対面!


会ってみると、話が弾む弾む!
出産や子育ての話も楽しく聞けたし、私も遠慮せず(笑)治療経過を話しました。
喜びに溢れる家に、治療の話っていうのもどうかと思ったけれど、治療しているのはRちゃんも知っているし、我慢するのも…ってね。
不思議なまでのリラックス。Rちゃんのおおらかさのなせる業でしょうねぇ~。

さらに、Kちゃんの愛想のいいこと!
抱かせてもらいましたが、全然平気でした!
Rちゃんも「Kちゃん、めちゃくちゃゴキゲンさんですね~」とビックリしてたくらいで。ふふふ、超ラッキー!


ここからが本題(前置き長っ!)。
以前、「子供がほしいワケ」という記事を書きました。
その時は、理屈じゃなく「子供がほしい」という気持ちがわいてきたということを書いたんですが、一方で、実は私たち夫婦が我が子を抱いている姿をイメージできずにいました。
すっごいネガティブなんですけど、なんだか、不妊治療をしているのに授かる気が全くしなくて
ただ、ほしいほしいと言っている感じ…。我が子をいつかは授かるって信じられないというか…。
でも、授かりたいという気持ちは消せないから不妊治療は続けている…このジレンマの真っ只中にいたように思います。


それが、Kちゃんを抱っこして、話しかけて、よだれを拭いて。
Kちゃん、私の胸にパフパフって顔を押し付けるんですよ。
「ママのじゃないから、おっぱい出ないよ~」と言いつつ、かわゆいったらありゃしない。Rちゃんは「よだれが服に~っ!」って焦ってたけどね(笑)。
RちゃんがKちゃんの手を持って私のお腹をさすって、「らぶりーなの赤ちゃんがやってきますように」ってしてくれたり、なんだか和んじゃいました。
日によって、ママさんがうらやましくて赤ちゃんをまともに見られない時もあるので、この和み時間が自分でもちょっと信じられないくらい。

Rちゃんから、「らぶりーな、ほんわかしてるのかも。だから、Kちゃん、平気なんじゃないかな~。」と言われて、素直に嬉しかった。
私、せっかちだし、すぐにキリキリするし、「ほんわか」には程遠い人だと思うんですけどね。
一時でもそういう時間が過ごせたことは貴重です。


Rちゃんはずっと順調だったのに、出産が思いの外難航して、命がけでKちゃんを産んだんですね。(あともうちょっとで母体の出血が致死量に達するところだったそう。)
その経験を通して、より一層「子供は授かり物」という気持ちが強くなったそうです。
そんなRちゃんに、「らぶりーな、赤ちゃん、授かれそうな気がするよ」って言われたんですよ。
周囲から「絶対妊娠できるよ」とか根拠なく言われて、返って「どこにもそんな保証ないじゃん!」って思っちゃった…なんて経験、ありませんか?
私はそうなんですよ…そう思っちゃって、また自己嫌悪に陥ったりとかしてね。
そのせいか、今の私には、たとえ感覚的なものでもRちゃんの言葉が何倍も嬉しく感じられました。

そして、RちゃんとKちゃんとの触れあいを通して、「私もきっと自分の赤ちゃん抱ける!」って思ったんですよね。
それこそ根拠なんて、どこにもな~んにもないんですけど(笑)。ただそう感じたんですよね。
こんな風にはっきりと感じたの初めて。
訪問前の夢クリでの診察結果は芳しいと言えるものではありませんでしたが、どうしてだか「よし!治療頑張るぞっ!」なんて思えちゃったんですよね~。


すっごくすっごく不思議です。
初めて心の中に「子供を授かれる」と信じる気持ちが芽生えたことが、とってもとっても嬉しく…そして驚きでした。
んもう~!らぶりーな、頑張っちゃうもんねっ!単純だと笑わないで~ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Rさんステキなお人柄の方ですね。
ベビちゃんもかわいいんだろうな~。
不妊治療をしているのに
なんだか実感がなくて
授かるような気がしない気持ち、分かります。
私も毎回期待しているんですけど
リセットの時にどこかで「やっぱり」って
思ってる自分がいるんです。
自分を信じ切れてないっていうか・・・。
その漠然とした感じを押しのけてやってきた
「子供を授かれる」と信じる気持ち
きっとこれからを予兆していると思います。
ぜひぜひ、いっしょにママになりましょう!
2008/03/15(Sat) 15:05 | URL  | ももちぷ #-[ 編集]
★ももちぷさんへ★
Rちゃんはすごく明るくて前向きな人なんです。
そういえば、彼女が妊娠した時も、私に連絡する時期に悩みつつ、ベターなタイミングをはかってくれたんですよ。
その時、仮に自分に余裕がなかったとしても、そういう気遣いって伝わるものですよね^^。
だから、Rちゃん、大好きなんです。

ももちぷさんも、「授かるような気がしない」って気持ち、分かってもらえますか?
自分が一番信じなくちゃって思うんですけど、そういう風になれないんですよね。
今回、何がきっかけかはわからないけれど、治療を間接的に応援された気がしています。
一緒に頑張りましょうね!
目指せママ友!(←いいなぁ、この響き・笑)
2008/03/15(Sat) 20:23 | URL  | らぶりーな #MgIxvhDQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。