スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 不妊か未妊か
2007年10月31日 (水) | 編集 |
基礎体温【36.65】度

なんだか微妙な体温です。
普段の私だと高温期と低温期の境のような体温。
先日の通院の時
の先生の話では、週末の排卵はないだろうってことだったけれど、この体温でまさか排卵済み~なんてことはないかしら…。

一応、日曜と昨日、仲良しはしたけれど。
排卵に間に合わなかったりしてっ!!!
ま、その時はその時さっ!こういう時は開き直るしかないですよね


不妊だけでなく、未妊という言葉もありますが、これって使い分けされてるんでしょうか。
未妊は、「まだ妊娠したことがない」って意味ですよね。
たいして、不妊は辞書を引くと「妊娠しない」って書かれてました。
「妊娠しない」って言われると、ガビーン!って感じですねぇ…。

私の中にははっきりしたイメージがあって、明確に使い分けをしています。
未妊は、広く妊娠を経験していないことをさしていて、その中に不妊が含まれる感じ。
不妊は、子供を望み夫婦生活を持っているのに、長期に渡り妊娠していない(「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」が刷り込まれてます)ことで、かなり限定的だと考えています。
私の中では似て非なるものなんですよね。


ちょっと不妊の方が、切羽詰った感、切実さを感じてしまうのは事実かも。
だから、不妊って言葉を使うのは気が進まない人がいるというのも、よくわかります。
不妊って言葉が、自分や自分たち夫婦を追い詰めてくるような気がすることもありますから。
未妊という表現の方が、穏やかでゆとりがあるような感じがして心理的負担は少ないとも思います

でも、私は堂々と「不妊です」でいいと思っています
あくまでも、私個人の考え方ですが、なぜなら不妊を認識したからこそ、妊娠の難しさや自分の体について向き合えたから
自分が不妊治療を開始してしばらくは、それでも「病院に通っていればすぐにできるわ~」なんて割とお気楽な部分もあったと思います(自分の中の感覚としては「未妊」の意識だったと思います)。
でも、勉強するにつれて、現実がわかってきた…。
もちろん、それによって振り回されてしまう辛さもありますよ。

でも、もし9月に転機が訪れて、不妊治療を進める覚悟を決めていなかったら…そう考えると怖くなるんです。
「いつでも避妊しなければ子供はできるわ」って考えで、何にも知らずにいたら、きっと私は後悔したと思うのです。
若いうちに閉経を向かえるケースもある。予測できないことが人生にはあるから。
今でさえ、結婚してすぐに子作りを始めていればと後悔しきりの私。
これから不妊治療でできるだけのことをすることが、仮に子供できなかった時に後悔をしない方法だと思っています。


不妊治療したから偉いとか、自然に任せているから心が豊かだとか、そういうつもりはまーーーーったくありません
どっちがいいなんて正解はないんですから。
ただ、「状況を理解したうえで選択をする」ことが大事なんだと。
不妊か未妊か、意識としてどういう捉え方をするかは、まさに個人の選択次第。
それぞれが、自分がより生きやすい考えを持てれば、どっちだっていいんじゃないかなって思います。
治療が「不妊治療」と呼ばれるのは、やっぱり自分が積極的に関わらなくちゃいけないシーンが多いからなんじゃないかしら。


ま、こんな風に前向きな発言ができる日もあるけれど、どよ~んって不妊のことで落ち込む日もあるので、あんまり偉そうなことは言えないですけどね。(あ、言ってるか!・笑)
でも、不妊とか未妊とか、言葉だけに振り回されないぞ!っていう決意表明(?)として綴ってみました~

コメントはお気軽にどうぞ。お待ちしてます~♪


らぶりーなは、ブログランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
 自分中心主義
2007年10月30日 (火) | 編集 |
基礎体温【36.54】度

ふぅ…。ほんとに不妊ってことを考えると気分の上下が激しいですね。
だから、このブログにも「ジェットコースター」って言葉を使ってみましたが

前は、趣味の世界とか、友達とのお付き合いとか、とにかく外と関わりを持つことが大好きで。
仕事とはまた違う関係を築いていくことが楽しくて仕方ありませんでした。
基本的に世話焼きが好きなんでしょうね。ほとんど自己満足だったように思います。
無理してでも周りに喜んでもらえれば嬉しかったりもしました。


でも、少し前に、こんなことが。
精神的なダメージから、体調を崩していたことがあって、でも、不妊治療をしていることはほとんどの友達には言っていませんでした。
普段、バリバリ活動している私を見慣れている分、ある友達は「らぶりーな、元気になったらまたいろいろ企画したり、誘ったりしてね」とサラッと言ったのです。
そして、その後、連絡はこなくなりました。

以前の私だったらその言葉を、「わ~、頼られちゃった!また頑張るぞ!」って思ったかもしれません。
でも、その時の私は、「もしかして、彼女はいつも私から何かをしてもらえることを期待してそばにいたの?」と感じてしまったんです。
余裕がないからかな…。


でも、落ち着いてくると見えてきたことがありました。
楽しい時には誰といても楽しいんですよね。
私は楽しいことを率先してやるのが好きでした。みんなでワイワイ楽しくするのが好きでした。
私の友達の中には、一緒にいると楽しいからとお付き合いしてくれた人が多かったのだと思います。(それはとても嬉しいことです。)


今は…そんな気力がありません。
自分の気持ちを妊娠することだけに傾けず、楽しく過ごす時間を確保し、家庭を穏やかな空間に保つ…それが精一杯です。これだってできないことがあります。
生理が訪れるたびに泣いたり、本当に妊娠できるのか不安に怯えたり。
そんな毎日は、すごく寂しいし、孤独を感じます。でも、どうにもコントロールできるものではないんですよね。

でも、楽しい時間を過ごしてきた仲間の中に、こんな私にそっと寄り添っていてくれる友達がいました。
本当に救われました。
彼女は、「大変な時くらい、自分のことだけ考えてたってバチ当たったりしないわよ。そうじゃなかったら、私なんてとっくにバチ当たってるって(笑)」って言ってくれたんです。
また、さりげないメールが、彼女からは時折届くのです。忘れないでいてくれる…それが嬉しかった。
そして、彼女を通して、私の様子からどう接していいかわからず、ただただ心配するしかないと言ってくれている友達がいることも知りました。
私から離れちゃった人もいるけれど、こんな風にパワーダウンした今の私を、干渉するでもなく見守ってくれる人がいるってわかって、なんとも言えないあったか~い気持ちになりました。


先日、彼女から、こんなメールが。
「無理してないよね?無理してたら怒るよ!
らぶりーなは自分のことだけ考えてなさい!」
こんなこと、誰にも言われたことがなかったから、なんだか涙出ちゃいました。
「まるで、母親じゃん!」と突っ込んで、照れ隠ししちゃいましたけどね。

不妊治療で頑張ってる人は自分を責めたり、引け目を感じたり、マイナスの感情を抱くことが少なくないですよね。
だから、今くらいいいんじゃないかな…。
自分中心主義で!!!


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking


 通常の夫婦生活
2007年10月29日 (月) | 編集 |
基礎体温【36.75】度

不妊症の定義って、「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」って言いますよね。
(1年って記載しているケースもあるようですが。)
我が家は結婚してから夫婦生活が激減!
私が仕事で飛び回っていて、夫婦ではなく単なる同居人のような生活でした。

年下のだんなはしょっちゅう私に断られて、めげてましたねぇ。
今考えても、仕事は楽しかったけど、新婚であれはないですねぇ。
だんなのことは大好きで、気持ち的にはラブラブだったんですけど。


5年前に心身ともに疲れ果てて、仕事を休んだものの、今度はパワーが出ない。
ゆっくりと癒していき、避妊をせずに夫婦生活を送るようになったのは、2005年に入ってからでした。
その頃、時を同じくして、家庭を守りたいという気持ちが強くなり仕事を辞め、子供を欲するようになりました
その時点で33歳。

ところが…本を読み、計算した排卵日前後に夫婦生活(以下「仲良し」)をすれば、すぐに授かれると勘違い。
月に2回仲良しすればいい方で、1回キメ打ち!なんてこともありました。
今思えば、確率論的に随分と無茶なことをしていたなぁと。
2006年12月に不妊専門通院に通院するまでは、そんな感じで自己流とっぱずれタイミング法でした

病院に通ったら、排卵日が私が計算して出していた日よりもずっと後だったことが判明。
なんと、排卵まで20日前後かかるのが普通みたいでした。
つまり、それまでしていた、月に1~2度の貴重~な仲良しは、まったくの的外れだったわけです
それがわかっただけでも、通院を始めてよかったと思いました。


今度は、「この日あたりが排卵日ですから、仲良ししてね」って言われると、その日だけしかしたくなくなって…。
もう、気持ちが超・事務的で盛り上がらない…。
時には痛くてつらいこともありました。

元々、私は仲良しよりもその前のイチャイチャが好きだったりするので、そういう時間を持たなかったのもよくなかったんでしょうね。
不妊治療をするというのに、だんなの仕事は忙しく、お互いの相談や理解も不十分でした。

周囲からのプレッシャーが強くなり、覚悟を決めたのが今年の9月。
なんとなく病院に通うのではなく、主体的になったと思います。
金銭面や治療のステップアップ、自分の今の気持ち、だんなの希望…いろいろ時間をかけて話し合いました。
それ以降、仲良しの質はグッとよくなったと思います、自然と…。
だんなのこと、大好きなんで、それは幸せです


でも、でも、でもですよ!
通常の夫婦生活って、週にどれくらい仲良しすることをさすのでしょうか?
すっごい疑問なんです。

子供もほしいですが、夫婦として幸せな時間を過ごすことも大事ですよね。
だから、不妊治療だけでなく、もちろん仲良しも大事に、回数もしたいと思ってるんです。
子供のできる経緯は、不妊治療でできようが、たまたま仲良しがうまくいってできようが、どっちでもいいんですが、それなりの回数しないと、当たるものも当たらないですよねぇ。
(たった1回でできる人もいますけどね…なんで私はそうじゃないの?)


どなたか、通常の夫婦生活の回数、どれくらいの頻度か聞いたことありますか?
(最初の病院で、「それなりに夫婦生活は持ってるんでしょう?」と聞かれ、「はい…」と見栄を張ってしまった私…。ははは~。)


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking


 不妊治療の軍資金
2007年10月28日 (日) | 編集 |
基礎体温【36.51】度

不妊治療のステップアップを決めて真っ先に浮かんだのが…治療費、大丈夫?ってこと。
体外受精にかかる費用、通院交通費やお薬・注射代を含めたら50万くらいはかかること、知られてないんじゃないでしょうか。


そういう私だって、タイミング法しか実践してなかった頃は、投薬や注射をしていないこともあり、家計への負担は微々たるもの。
アルバイトをしていますが時間も自由になるので、タイミングで授かるなら、なんでもっと早くにトライしなかったんだろう…と思ったものです。


が!そうは問屋がおろさず。
転院後に人工授精、半年後には体外受精へと進めることに夫婦で話し合って決めました。
そこでネックになるのが治療費。
人工授精だけならどうにかなります。
でも、体外受精はまとまった金額が必要。
しかも、1回でかかる金額がウン十万(ケースによっては100万近く?)!


なんだかお金がないと子供を授かるためのチャンスすら奪われるのですか?と悲しくなりました。
幸いすっかり忘れていた、結婚数年目の頃に始めた毎月2万円の積立定期預金の総額が140万円を超えていました。
今ある貯金のうち、200万くらいを不妊治療の軍資金に考えていましたが、この定期預金140万は私の頭になかったお金。
家計からの持ち出しが60万くらいと考えて、少し気が楽になりました。
アルバイト頑張ります!!!

治療時間を自由に取るためにアルバイトにすれば治療資金という問題が、フルタイムでお仕事をしていれば今度は時間が取れない…思うようにいかないものですね。


少子化対策もいいけれど、「子供がほしくて努力している人」への支援も考えてほしいものです。
だって、子供が生まれれば、人をひとり育てるのですから、お金がある程度かかるのは覚悟の上でしょう?
でも、子供を授かるためにこんなに(数十万、数百万の)お金がかかるなんて、最初から誰もどこの家庭も考えていないと思うんですよね。
出産には手当もありますが、不妊治療中の人はその入口である「妊娠するため」「妊娠状態を継続するため」に多くのお金が必要なんです。
しかも、その後の出産、育児にはもちろん他の人同様にお金が必要なんて…なんだか不公平。


数百万あるなら、他の使い道はいくらでも浮かびます。
だんなやらぶりーなの両親に、ゴージャスな旅行をプレゼントすることだってできちゃいますよ。
生まれた子供にかけることだってできます。
習い事とか私立学校とか(私が習い事にも私立にも無縁だったので憧れあり)。


はぁ~(ため息)。
そんなこと言っていても、何かすぐに変わるわけでもなく。
助成制度が充実することを願いつつ、それとは別に自分の治療を続けるしかないんだわ~。


それでも、やっぱり、家族がほしい。
だんなの子供がほしい。
そのための努力は最大限したい…ほんと、それだけです。

あ~ん、もう!ぼやいちゃったよっ!
治療中の皆さん、一緒に頑張りましょうね!


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking


 初診の予約
2007年10月27日 (土) | 編集 |
基礎体温【36.39】度

今までお世話になった病院への転院する旨の報告と、紹介状を書いてもらうことはサクッと終わって拍子抜け。


でも、数日前に田園都市レディースクリニックに初診の予約の電話、入れてるんですよね。
これが、初めての電話の緊張することったら!
いやいや…もう…しどろもどろ。


なんだか、自分が何話したかよく覚えてない(^^ゞ。
でも、電話に出られた受付の方?すごく感じのいい方で、私が「えっと…やっぱり○○先生で…」なんていうのも、嫌なニュアンスひとつ出さずに対応してくださいました。
そういう指名とかってなんだか申し訳ない気がして気が引けるんですよね。
思い切って言ってよかった!


とはいうものの、予約できたのは11月半ば。
ひょえ~!!!!
初診は生理中かもな~。


初診の時って話したいこと、聞きたいことがいっぱいになってしまって、混乱してしまう(&相手を混乱させてしまう)ので、ちょっとペーパーにまとめていくつもり。
それで、少しでも貴重な診察時間を有効に使えればいいし、先生に私の不妊治療に関する考えを知ってもらって、その上で信頼関係が築けたらいいな…。


今周期は、タイミング。
しかも、今の段階で卵ちゃん、小さいから、自己流タイミングって感じでしょうか。
今のうちに、ちょこちょこと不妊治療について、妊娠について、勉強しておきます^^。


このブログを書き始めてからやっと5日。
なのに、いろんな方がポチッ↓としてくださってるみたいで…。
すごく励みになるし嬉しいです^^。
私も、少し落ち着いたら、他の方のブログにもお邪魔しちゃおうかなって思っています。
読んでくださっている方、ありがとうございます!
これからも、よろしくお願いします。


それにしても、夜になって急に冷えてきた!
寝る時は、しっかりお布団にくるまらないとね!


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



 紹介状もらいました。
2007年10月26日 (金) | 編集 |
そんなこんなで、今日の診察、結局3時間待ちました…
つ、つ、疲れた…。


転院のことをそろりそろり切り出すらぶりーな
でも、いたって先生は優しく普通でした。
よかった~!と安心したのですが…。


今日の診察、内診もなく紹介状だけで終わりにされそうになったんです
そんな…3時間待って内診もなしじゃ、あんまりじゃないですか?
しかも、既に転院先の予約まで間があいてしまうのは、こちらはわかっていますし。
そこで、「今回はタイミングで頑張りたいので、内診お願いします!」とキッパリ。


そうしたら、左右ともに卵巣から卵子ちゃんが作られていますが、16日目だというのに小さい…。
なんと…10mmくらいだと。
今まで、そこまで育ってない周期はありませんでした。
先生も「この大きさだといつ排卵するとハッキリ言えない」とのことでした。
今週末の排卵はない…それがわかっただけでもよかった…そう思うことにしました。


最近、生理も1、2日目の経血量は多いのですが、3日目からすごく少なくって、茶色になってしまうんです。
本当に終了間際の感じが、3日目から続くんですよ。
5日くらいで終了なので生活は楽ですが、これってもしかすると排出するもの自体が少なくなってるってこと?
つまり、子宮内膜があまり厚くなってないってこと?
なんだか体の機能が衰えてきているように思えて、いろいろ気にしてしまいます。


今日のクリニックの状況で転院に気持ちが向かいました
転院先の田園都市レディースクリニックで、あらたに治療の方向性など先生とお話して決めたいですね。


月に1回とはいえ、ちょこちょこ通ったクリニックでのラストが、気持ちのいいものにならず、残念でした。
本当に、たまたま悪条件が重なっただけだと思います。
頭ではわかっています。


でも…なんだか涙が出そうになるくらい、悲しかったです。


生理16日目  :  左右とも卵胞 10mm前後
お会計  :  2550円



↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



 リベンジ!のはずが…
2007年10月26日 (金) | 編集 |
基礎体温【36.24】度

実は昨日、病院に向かったのですが、午後、休診日だということを忘れていました!
病院の入口が暗くって、しばし呆然。
自分のボケっぷりに愕然。


そして、今日の午後にリベンジ!
いや、休診日を忘れていた私がいけないのですが、ほら、病院って行くのが楽しみ~って場所ではないじゃないですか。
なので、自分で気持ちをアップさせて(笑)


ところが、病院には「人工授精の予約が今週はいっぱい」という内容の貼紙が。
これまた、しばし呆然。
しかも、3時間待ち?
今、待合室で待っています。


確かに転院を決めたけれど、1回でもチャンスは逃したくないんです。
今回、自分のミスで生理16日目の来院になってしまったので、あきがあっても自分の体が人工授精できたタイミングなのかは不明です。
でも、前回、人工授精を希望する旨は伝えてありました。
もしかして、ちゃんと昨日か一昨日に来てても、人工授精できなかったのでは?
そんな不安がムクムクと。


待ち時間がこんなに長いのは稀のようですが、とにかく気が抜けました…。
今日の診察は人工授精の話はせず、内診と紹介状だけにします!
その分、タイミングでだんなと頑張ってやる~!


こういうことってよくあるんでしょうか。
私は今回が初・人工授精の予定だったので、実際の段取りがわかりません。
もし来院を指定された日にいきなりこんな貼紙を見ることになったら、ショックだな~。
人工授精予定の方で、数回の通院を経た方たちが、ちゃんと治療を受けられているならいいんですけどね。


もちろん、来院指示された日から、1日ずれてしまったこと、私が悪いのはよくよくわかっていますよ。
でも、ちゃんと通ってて、人工授精、予約いっぱいだからと断られたら、泣いちゃいそう。
そんなことはさすがにないとは思いますけどね。


やっぱり自分が高齢ということも考えると、予定が立たないとしたらつらいですね…。
田園都市レディースクリニックは完全予約制なので、転院するという判断、今のうちにしておいてよかったのかもしれません。


さて、これで人工授精へ向けての治療は田園都市LCであらためてスタートすることに!
キリもいいし、結果オーライかもしれないですよね。
そういうことにしちゃおう!
今日からしばらくは意識的に、だんなとラブラブすることにします!
赤ちゃん、わが家においで~!


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



 クリニックに行ってきます!
2007年10月25日 (木) | 編集 |
基礎体温【36.19】度

来月の転院初診まではお世話になる、今のクリニック。
あ~、転院のこと、切り出しにくいです~。
まぁ、遠慮してもしょうがないので、紹介状などちゃんとお願いしますけどね。


今の病院は、検査の時はともかく、タイミング法の場合、周期14日目に通院。
内診で超音波を使った卵胞チェックがあります。
卵胞の大きさを計り、排卵日予測をしてくれます。
これは、普通かな?

でも、私は14、15日目に通院しても、12mmとか言われることも少なくないんです。
すると、4、5日後を排卵日と予測して、仲良しするように言われます。
でも、排卵日間近のチェックではないので、ズレる可能性もいなめませんよね。


最近、少しずつ勉強をしていますが、なんだか今まで受けたタイミング指導がアバウトだった気がしてきました…。

行ってきます~。

↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking




 基礎体温の重圧
2007年10月24日 (水) | 編集 |
基礎体温【36.34】度


基礎体温、測るのが続きません。
仕事(アルバイトですが在宅で作業することも多い)がらみで、夜更かしすることも多いんです。
すると、だんなを起こす6時に目覚ましがなっても起きられない!


頑張ってボケボケの状態で基礎体温計を口に…。
でも、いつの間にか寝てて、体温計は、口からポロリ。


こんな感じなのでまともに基礎体温表を先生に見せられたことがありません。
でも、毎日毎日、測らないと…。


たまに、基礎体温計、見るだけでイライラすることがあります。
さすがに先月からはちゃんと記録してますけど…。


必要なことだから、毎日欠かさずにしないといけないんです、わかってるんです。
でも、測るのだけじゃなく、0.01℃に一喜一憂するのが、そんな日々が嫌なんですよね…。

↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



 今までに行った不妊検査
2007年10月23日 (火) | 編集 |
病院名を出して不妊治療の記録をつけることには少し抵抗がありました。
でも、やっぱり一番信用できるのが口コミだと思うんですよね。
私も田園都市レディースクリニック(田園都市LC)に転院を決めたのは友人からの情報があったから。
このブログでも、治療経過についてはできるだけ客観的に記していくつもりです。


私がどうして転院を決めたかというと、今の病院の先生がゆっくり治療を進める主義だったからなんです。
内診の後、たいてい腹部に鈍痛があって、具合が悪くなってしまって。
だから、夏場は完全に通院する気力がなくなっちゃったんですよ。


でも、そんな風にのんびりしていたら、義母からの言葉があって…。
そうすると、36歳ということもあって、このままタイミングでいいのかという不安が急におおきくなってしまったんですね。
これから半年は人工授精にトライしたいと、こちらから申し出たんです。
先生は特別問題もないので、もう少しタイミングで頑張ってみても…という方針でした。
でも、治療が長期化し、前に進まないような気がしたので、引っ張ってくれるタイプの先生・病院との出会いを求めました。


でも、今の先生もとても人当たりがよくて、不妊治療への不安や怖さを和らげてくれたんですよ。
実際、病院も評判も実績もなかなかのようです。
とっても迷いましたが、積極的に治療したいという心の声に従うことに。


今の病院でしてもらったのは、血液検査と精液検査
もしかしたら、卵管の通気検査もあったかもしれませんが、覚えてないんです。


2007.2
クラミジア (IgA、IgG)  陰性
プロラクチン 前  13.7
FSH  4.85
LH  3.49

精液量  1.6ml
濃度  76.0×10 6/ml
運動率  47.7%
奇形率  34%


私、不妊検査としてこれしかしてないんですけど、普通ですか?
去年の12月から、少しお休みしちゃった時があったとはいえ、半年くらいは病院に行っています。
検査がない時は、月1で卵胞チェックをして終了。


できたら今周期から今の病院でAIHをして、田園都市LCではAIHから入りたいんですけどね。
あちこちの不妊関連サイト・ブログを見ていると、検査がまだ足りない気がしています。
たいてい、AIH前にどこまで検査を終わらせているものなんでしょう?


↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



 頑張るぞ宣言
2007年10月23日 (火) | 編集 |
結婚してもう少しで丸9年。


だんなとはずーーっと仲むつまじく暮らしてます
27で結婚、29で子供を産んで…できたら3人子供ほしいな、なんて。
そんな夢をよく話してたんです。


結婚して数年はバリバリ仕事してて。
すっごく楽しかったしやりがいもありました。
当初考えていたよりも、随分長い間、避妊して仕事に没頭。
でも、頑張りすぎて体壊しちゃった。
そこから、復活するのにかなりの時間が必要でした。


仕事を辞めて、私よりももっと子供を望むだんなと子作り開始。
避妊しなければすぐ子供ってできるんだと思ってた。
だんなとの仲良しも正直少なかったかも。


こんなに妊娠することが大変だなんて…。
解禁してから2年半近くが経っていました。
2006年12月、都内の不妊専門病院に通い始めた私。
それでも、内診がイヤだった…病院に行った後は必ず具合が悪くなって。
きっと、通院のストレスね。


でも、私を頑張る気持ちにさせたのは、大好きな義母の言葉。
「本当に子供がほしいなら、治療を進めていってほしい。
女性の体には年齢という壁があるのよ。
ほんとこんなこと言うなんて、なんてひどい姑だと思うけど…。」

涙を流して電話口で言われました。
私も泣きながら聞きました。


すごくショックだった。
でも、事実でもあった。
…そして、後悔しないように、今から頑張ろうって思ったんです。
だんなもありがたいことに協力的。
子供がほしかったのなら、もっと早くに治療を開始すればよかった。
でも、時間は返ってきません。


だから、今から私の本当の不妊治療のスタートです。
同じ想いをしている人たちと頑張れたら…。
そして、近い将来、赤ちゃんをこの手に抱けることを信じて…。


2007.10.23

↓↓↓赤ちゃんを抱くために頑張っている方たちのブログはこちら
実はちょこちょこ私もお邪魔してます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
↓↓↓妊娠についてのブログはこちら
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↓↓↓不妊ブログランキングに参加しています。不妊に関するブログを探すならこちら
FC2 Blog Ranking



テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。