スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 出産報告
2009年04月14日 (火) | 編集 |
大変遅くなってしまいましたが、出産のご報告です。
3月17日午後8時58分、41W4Dで身長49cm・体重3284gの女の子を無事出産しました。
(予定日は3月6日。)
お産は、病院の先生、助産師の皆さんに「大変だったね~」と言われる難産でした。

15日早朝に高位破水(前期破水)と出血(おしるし?)が。
それで、痛みがほとんどないまま、予定より1日早い入院となりました。
破水するも微量のため様子をみましたが、その日は変化がなく、翌日から促進剤を使用。
2日目に促進剤で陣痛が3分間隔にまでなったものの、子宮口が3センチしか開かず翌日に仕切りなおし。
入院3日目は、陣痛はスムーズにやってくるも子宮口が5センチで夕方まで足踏みしてしまい…。
緊急帝王切開になるかどうかというところでしたが、「経膣分娩で」との決断が下され、記憶がおぼろげですが、おそらく人工破膜をされて一気に分娩につながったのだと思います。
母子手帳に記された分娩時間は19時間弱(定期的で徐々に強くなる陣痛が続いた時間ということらしいです)。
陣痛に苦しんだ2日間でした。

また、出産後の後産でも、胎盤の一部がなかなか娩出せず、時間がかかりました。
出産して、私への処置が全て終わるまで約2時間。
先生の手を中へ入れて胎盤を外へ出すということで、局所麻酔も追加されました。
多量の出血があり、先生の横で助産師さんが「分娩から○分経過」と読み上げてるのを耳にしながらの数十分。
無事、胎盤が全て出たとわかった時、心底ホッとしました。
通常の出産での出血量は500~600mlだそうですが、私の場合は1500mlだったそう。
出血による貧血状態のため、産後3日目まではほとんど動けず、トイレに行くにも付き添い必須&車椅子という状態でした。
母子同室が原則の病院ですが、体力回復が先とのことでゆっくりと貧血になった体をいたわる時間がとられ、数日の間は赤ちゃんとは授乳時のみ一緒で少し寂しい思いもしました。
そんな状態のため、本来産後7日で退院のところ、さらに5日ほど延期。
でも、いろんな先生、助産師さんに助けられ、いいお産をすることができました。

自分が望んで望んでやっと叶った妊娠。
だからこそ、立派に出産をやりとげよう、みっともない姿は見せたくない…な~んて思っていたのですが、陣痛は予想をはるかに上回る痛みで、恥ずかしながら叫びまくってしまったほど(滝汗)。
だんなに立ち会ってもらったのですが、産まれたらだんなも私もきっと号泣するだろうと思っていたんですね。
でも、2人とも陣痛の辛さに涙を流したのに、実際に産まれてみたら「終わった…」という安堵感で涙はありませんでした。
涙もろい私が泣かなかったことに自分でビックリ!
うまく言えないのですが、爽快感のようなものがあったように思います。
ちなみに、私が娘にかけた第一声はというと…「ようこそ~♪」でした(なんか間が抜けてますね…すみません…。先生も助産師さんもウケてました)。
助産師さんから、「大変だったでしょうけど、夫婦で乗り越えた素敵ないいお産でしたね。」と言われたのがとても嬉しかったのを覚えています。

振り返ると、美しい出産なんてものからは程遠い、かなりみっともない出産でしたが、それが私の精一杯。
娘を授かりましたが、授かったというよりも、なんだか命を預かったという印象です。
当たり前ですが、とても責任を感じています。
年はいってても(汗)、まだまだ人として未熟な私。
それでも、出来る限り、心を尽くしてこの子を守り育てていきたい…そう思っています。
(あ、でも、子供の負担にならないようにですけどね。)


長くなりましたが、この記事でブログの更新はラストとなります。
今まで読んでくださった方、ありがとうございました。
現在治療中の方たち皆さんに、笑顔と幸せが訪れますように、心から願っています。


らぶりーな





スポンサーサイト
 ピンクレター投函
2008年10月21日 (火) | 編集 |
夢クリ卒業時にはとても先のことと思えた、ピンクレター(妊娠18~20週の中間報告)を先日投函することが出来ました。
前回の記事を書いてからは、急に体調が上向きになり、しょっちゅう出歩いています。
おかげでちょっとこの間は風邪気味になりましたが、すぐに徹底して休養をとったおかげか、意外と早くに復活。
でも、最近は予定を入れるのもほどほどに、おうちでのんびりする時間も大切にしています。


正直、陽性判定後は、戸惑うことばかりで、安静にする以外、体を楽にするのにどうしたらいいのかとか全然わからなかったんですよね。
もしかしたら、参考になるかもしれないことが1つあるので、書いておきます。

結局、リバースは1回もなかったものの、つわりの不快感は心拍確認前後から4ヶ月終わりまでありました。(めまいは5ヶ月終わりまで。重いのは4ヶ月がピークでした。)
初期ってマタニティショーツを着けるなんて、思わないですよね!だって、まだ3ヶ月にも満たない頃ですよ。
それに、マタニティショーツって超デカパンで色気もないし、あまり気がのらないっていうのもあります。
もともとがぽっちゃり型なんで、おしゃれ~なショーツをいつもはいていたわけではないのですけど、まだ初期の初期に専用下着を着けることに抵抗がありました。
「まだそんなの早いわよ~。」って思っていましたし。

でも、私はとにかく普通のショーツをつけていると気分が悪くなったんです。同様にブラジャー(ワイヤー入りを愛用してました)もだめ。
どうしても耐えられなくなって、安静指示が出ていたため、通院帰りにスーパーでデザインがどうとか考える間もなく、安~いマタニティショーツとハーフトップブラを購入しました。
どうにか楽になれないものかという気持ちの方が勝っていたんですね。
これが、大正解でした!とっても体が楽!お腹も温かいし。
その頃はまだお腹もペタンコなので、まだ普通のショーツやブラもいけるだろうと、再度はいてみたら、へそ下にゴムやレースが当たるだけで、アンダーバストにブラがフィットするだけで、オエッときました。
陽性判定後、早い時期からつわりが見られる方は、思い切ってマタニティ下着にされると楽になれるかもしれませんよ。
買うのにちょっと勇気は要りましたが、よかったら、試してみてくださいね。


さて、今のらぶりーなですが、今日で20W4Dとなりました。
もう6ヶ月に入ったんです。早いような、まだまだのような…。
貧血、血圧、むくみ、糖、蛋白など、いずれも今のところ、大きな問題もなく、たまちゃんも頭・胴ともに週数相当の大きさで元気です。
子宮頚管、子宮口も大丈夫なようです。

産院では着衣状態で体重を測りますが、体重も11W5Dの初診から0.5キロも増えていません。
つわりの時期に、AIH時代から積もり積もった5キロがストーンと落ちたんですが(リバースしなかったのになぜ落ちたのか不明…)、そこから増えたのが0.5キロ弱なんです。
かなり頑固なお便秘中なので、スッキリ出たら、実質ほとんど増えていないかもしれませんね。
ぽっちゃりな上、とても太りやすい体質なので、安定期に入ってからは食べ物に気をつけるようにはしてるかな~といったところ。
増加は最終で5~7キロに抑えたいし、そうなると今のうちから増えるのはちょっと怖いので、毎日体重計に乗っています。
でも、たまちゃんに必要な分は増えてもらわないと困るので、ダイエットなんか一切してませんよ。


一時期陥っていた不安も、今はやり過ごせるようになりました。
本当に産まれるまでわからないことだらけ。
たまちゃんを信じるしかないんですよね。
治療中もそうでしたけど、今も、たまちゃんが無事、健康に産まれてきてくれることを信じ、祈るしかないんですよね。
あらためてそう気づいて、不安も全部ひっくるめて受け入れられるようになりました。
そして、たまちゃんと40W前後で対面するために、私はベストを尽くすのみなんですよね。

安定期に入ってから、アルバイトも再開しました。
新橋と銀座の間に会社があるので、プラッと烏森神社に近々お参りに行こうと思っています。

ご報告まで。


 ありがとうございました
2008年09月23日 (火) | 編集 |
酷いめまいからも解放されて、ちょこちょこ外出しています。
(立ちくらみはあるので、予兆を軽視せずに、すぐに大事をとるようにしています。)
ずっとだんなにお願いしていた買い物も行ってますし、先日はお友達とランチ、そして週末には舞台を観に行ってきたんですよ。


落ち着いてきたこともあり、今日で、治療経緯を中心としたこのブログにはひと区切りつけたいと思います。
こんな遅い時期になってしまったけれど。

夢クリでの顕微授精(ICSI)でたまちゃんを授かり、夢クリには本当に感謝しています。
でも、それ以上に、私にとってはブロ友さんやコメントを下さった方、リアル友の存在が大きかった…というのが実感です。
どこか孤軍奮闘している感が否めなかった私を、皆さんに救っていただきました。

夢クリではメンタル面でのフォローはのぞめないと散々聞いていましたが、夢クリブロガーさんの詳細に渡るブログ記事に「私も自分とちゃんと向き合い、勉強しなければ」という気持ちになりましたし、秒察と言われる夢クリの診察での不明点も解消させてもらったりもしました。
別の病院に通っている方たちともブログを通じて交流を図ることができたのはとても大きかったです。
いろいろ教えていただきましたし、視野が広がる思いがしました。
そして、赤☆サロンやネットを通じて出会ったリアル友。
心が折れてしまいそうな時に、ランチして何時間も語り合い、たくさん助けてもらいました。

本当に本当にありがとうございました。
皆さんには感謝してもしきれません。


実はここ1週間くらいなんですが、今まで以上にものすごい不安にさいなまれていました。
家にいると悪い方へばかり考えてしまうこともあり、体調がよくなったのを機に表に出始めたんです。
卒業してからも長く横になっての生活だったので、既に16Wに入っているのに不安が強くなるなんて。
きっとこの胸にある不安は、出産を終えるまで消えることはないのでしょうね。

不妊治療の本当の終わりは、無事にたまちゃんを出産した時だと、私は思っています。
夢クリでは、18W~20Wの妊娠中期の経過報告(通称:ピンクレター)と、出産報告(通称:ブルーレター)の郵送による提出をすることになっているんですね(用紙は卒業時に渡されます)。
ですので、この2つのレター発送時には、こちらで経過報告したいと考えています。


今後についてですが、ずっと寝ていて家のことがおろそかになっていることもあり、マタニティブログは立ち上げないつもりです。(既に転院先で3回診察を受けていますし。)
もともとネット中毒のらぶりーななので、意識的にネットに向かう時間を減らし、生活に余裕を作ることを考えて判断しました。
あ、もし、「やっぱり始めちゃいました~」ってことになったら笑ってやってください。
皆さんのブログには、今までどおりお邪魔させていただけたらと思っています。(読み逃げになってしまうかもですが…。)
このブログはこのままこちらに残しておきますね。
これからもどうぞお気軽にメールくださいませ。
メールフォームまたは mybabycomeonアットマークmail.goo.ne.jp (アットマークは@に変換してくださいね)へどうぞ。


皆さんの治療が実り、1日も早く赤ちゃんがやってきますよう、心から願っています。
今までたくさんの優しさを本当にありがとうございました。
私がいただいた優しさが、形を変えて幸せとなって今度は皆さんの元へ訪れますように。

らぶりーな


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 鍼灸の先生が教えてくれたこと その2
2008年09月18日 (木) | 編集 |
1ヶ月もの間、更新せずに&コメントのお返事もできずに、本当にすみません。
本当に申し訳ないです…。
実は、つわりが軽くなったと思ったら、めまいとたちくらみがひどく、パソコンがめまいを誘発し、さらに吐き気につながるという悪循環だったため、パソコンからずっと離れた生活を送っていました。
夢クリ卒業の2日後に転院先の初診に向かったのですが、あまりのめまいに1時間弱で行けるところを3時間かかり、非常に怖い思いをしたため、大事をとらせてもらいました。
(家で気づいたら倒れてて床とお友達なんてこともちょくちょくありまして、だんなからもパソコン禁止令が出ちゃったんです…。)

そんなこんなではありましたが、やっとだいぶ落ち着いてきたので、どうしても残しておきたかった私の鍼灸の先生からのアドバイスを今日は書きますね。
こちらもよかったらご覧ください。→「鍼灸の先生が教えてくれたこと D33 BT15」(7/3の記事)


時期的にかなり前のことになってしまうのですが、胎嚢確認の時、夢クリの院長から「内膜が薄い」って指摘されていました。
その後、たまたま胎嚢確認の時期のエコー画像のサンプル?を見る機会があったのですが、「ここが内膜なんだぁ~」と知ると同時に、明らかに私の内膜が薄いとわかったんですね。
胎嚢を取り囲むように内膜があるわけですが、私のは一回りかふた周り小ぶりなんです。
院長が「これから2週間が山」と言った重さを実感した瞬間でもありました。

それで、今からでも何かできることがないかと思い、鍼灸の先生に相談。
鍼灸の治療自体は移植後は卵の生命力に任せるという先生の方針で受けてはいませんでしたが、中間報告を喜んでくださる先生なので、甘えてしまいました。

すると、HR周期で移植した人の中には、内膜が育った後に逆に薄くなる(先生曰く「引き締まってしまう」)傾向のあるケースが、たまに見られるそうなんです。
これは、あくまでも鍼灸の先生の経験則でしかないそうなんですが…。

薄い内膜に着床している状態で、できることは
 安静にして横になっていること
その方が血流がよくなるそうです。ウォーキングなどできる状態ではないですからね。
この先生のアドバイスがあって、ガッツリ安静生活を送る覚悟ができました。
 コラーゲン、ビタミンEなどを意識的に摂取すること
また、安胎効果があるといわれるシソもいいそうですよ。コラーゲンは、手羽先やにこごりに含まれます。手羽先スープなんて体も温まるし一石二鳥かも。
それから、ビタミンEはかぼちゃなんかもいいですよと勧められました。
 ストレスや不安をためないこと
ストレスは血流を悪くさせるため、できるだけ発散させる努力をするように言われました。
前に「手当て」という記事を書きましたが、これはあながち間違ってないそう。
不安を感じたら、胸の間にあるツボ(名前忘れちゃった…)に手を当てるといいそうですよ。
胸に手を当てて深呼吸するといいんだそうです。実際、不安が襲ってきた時、何度も何度もやりました。
 冷やさないこと
これはもう当たり前ですね。冷え=血流の悪化につながりますもんね。
さらに、サウナなどでの温めすぎもこの時期はよくないそうです。

鍼灸の先生からは、これからじっくり時間をかけて胎盤が形成されるため、まだしばらくは大事をとった方がいいとのことでした。
(12W~14Wくらいで胎盤完成するみたいですね。これも個人差はあると思います。)


ま、結局私はつい先日までベッドとお友達の生活を送ってましたが…。
(ベッドで寝ててもグルングルンめまいするんですよ…。)
体力は落ちちゃってますが、きっと私にはそうすることが必要だったんだと考えるようにしています。

今日はこの辺で。

このブログの締めくくりにもう1つ記事を書いておきたいと思っています。




テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 夢クリ卒業 BT61
2008年08月18日 (月) | 編集 |
今日は雲が多くてジリジリするような暑さはなく、通院するには助かりました。

考えてみれば、胎嚢確認から1ヵ月半。(陽性判定からは2ヶ月!)
心拍確認前に出血したこともあって、実は今日までずっと安静にしていました。
かなりきっちり守っていたと思います。鍼灸院の先生のアドバイスも同じで、安静の意味を納得できたからです。
が!ビックリしたのは、駅の階段が…しんどい…。体力落ちてます~!
当然といえば当然ですが、それよりまた出血したり、腹痛が起きたりする方がずっと怖いので、結果的にこれでよかったのかなって思っています。


前回の診察を受けて、今日の診察を迎えました。
今日は採血なしで、内診のみ。
むくみが問題点だったので、そう判断されたのでしょう。
内診は今日も丁寧です。
今日は、なんだかたまちゃんの背骨が見えるような…。背中に白いポツポツのつながったのが見えましたよ。
そして、今日もやっぱりむくみは見えたものの、計測値は1.7mm。
内診を終えた院長、「よし!」と。
これが聞きたかったんです。これを聞いて、卒業できるんだって思いました。



8月18日(月) BT61 11W3D
ホルモン値検査なし
心拍 : 179bpm
胎児の大きさ : 44.7mm
お会計 : 7000円



院長 : らぶりーなさん~。今日で紹介ね~。
私 : はい。
院長 : 紹介先、どこ?
私 : ○○大学病院です。(病院HPをプリントした病院名と科名を提示)
院長 : 大丈夫なの?
私 : (大丈夫って?あ!受け入れしてもらえるかってことか!)電話で確認済みですので、受け入れに関して問題ないです。
院長 : あ、そう。
私 : あの…赤ちゃんのむくみの方はどうでしたか?
院長 : これくらいなら生理現象内でしょう。
私 : (よかった!)…。
院長、黙々と紹介状をパソコンで打ってます。
院長、一本指、時に二本、三本指でタイピングしています。なんか…その姿が、妙にキュート 
私 : あと…赤ちゃんの大きさとか位置とか、先生から見て気になる点はないですか?
院長 : ん~、まぁ、大丈夫でしょう。
院長、まだ黙々と紹介状をタイピングし続けてます。
その姿を何の気なしに見ていたのですが、それまで落ち着いていたのに、なんとも言えない感情が湧きあがってきて、涙で前が見えなくなってしまいました。
泣いちゃダメだと思うんだけど、目に涙が溜まって今にもこぼれそうに。
院長が、出力した紹介状をチェックして、
院長 : この後、看護師さんから話しあるからね~。
私 : ありがとうございました。
院長 : お大事に~。
もうダメでした。涙が出ちゃって。いつもと同じ、「ありがとうございました。」しか言えませんでした。
言葉なんて浮かんでこなかったです。


その後、看護師さんから、転院先への初診時期や、ピンクレター、ブルーレターについての説明、夢クリからのお手紙などが渡されます。
でも、説明受けてる時も、ずっとポロポロ涙が出てきちゃって、説明が一通り終わって、「大丈夫ですか?」と聞かれた瞬間、堰を切ったかのようにしゃくりあげてエグエグ泣いてしまいました。
ちょっとあれは看護師さんもビックリしちゃったかも… 
看護師長さんかな?説明してくれたの。そして、後ろにはプロゲデポー注射で何度もお世話になった看護師さん。
ちょうど時間帯の関係で看護師さんが少なかったようですが、泣いちゃって恥ずかしかったので、ちょうどよかったかも。
「落ち着くまでいてもらって大丈夫ですからね。」と言ってもらえ、しばらく「病院はどこに?」とか「お住まい、私の家と同じ沿線ですね。」とか、世間話までしてもらっちゃいました。
最後に、「これからも頑張ってくださいね。」と声をかけてもらい、お礼を言って診察室を後にしました。
お会計で封をした紹介状をもらえるのですが、受付の方にも「卒業おめでとうございます。元気な赤ちゃん、産んでくださいね。」と言われ、また涙。

080818.jpg


エレベーターに乗って帰ろうとしたら、早番だったのかな?
私の大好きな看護師さんが、もう1人の方と一緒に私服で乗っていました。ちょうどお2人も帰るところだったのかもしれません。
私の顔がいかにも泣き顔だったんでしょうね。(結構泣いたし…。)
大好きな看護師さんに「どうかされました?」と声をかけられて、「今日で最後で、卒業だったんです。」と答えたら、「わ~!おめでとうございます!」と言ってくれました。
「何かあったのかと心配しちゃいましたよ~。卒業ならよかった!」と。
もう1人の方からも一緒に励ましの言葉をいただいて、すごく嬉しかったです。
ここでも、気の利いた言葉が出てこず、「いろいろとありがとうございました。」しか言えませんでした。もっといっぱいお礼言いたかったな…。
今日の涙、嬉しいとか、安心したとか、治療を振り返って…とか、そういうのとはちょっと違った気がします。
でも、本当になんて言ったらいいのか、説明がつかないんですけど…。そんな涙もあるんですね。


そして、帰り道。
移植日に偶然場所を発見してお参りしてから、診察のたびに欠かさずに行っていた烏森神社へ。
お賽銭は、千円札がなかったので500円玉。(普段は10円。)
たまちゃんがここまで育ってくれているお礼と、安産祈願を。
そして、赤ちゃんを心から望み、努力している人たちのところへ赤ちゃんを授けてくださるよう、お願いしました。
500円じゃ、少なくて効果があるかわからないけれど、この願いが少しでも届きますように。


このブログは、不妊治療の経緯とその時の私の気持ちを綴るために立ち上げました。
夢クリは本日をもって卒業となりましたが、鍼灸院の先生のお話や治療の周期別のまとめの記事を、もう少し書きたいと思っています。
その上で、このブログを残しつつ、今後については別のブログを立ち上げる予定です。
それまで、もうしばらくの間、こちらでお付き合いいただければ嬉しく思います。


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 卒業見送り BT54
2008年08月11日 (月) | 編集 |
今日で夢クリ卒業!の予定でしたが、見送りました。

内診でちょっと気になる点があったからです。
今日の内診は長かった~!!!
めちゃくちゃ丁寧に院長は診てくれました。いつもの3倍くらい?
院長は、心拍とたまちゃんの頭殿長(CRL:赤ちゃんの頭骨のてっぺんからお尻の突出部の中点までの長さ)だけでなく、たまちゃんの後頭部を側面や上部から見たエコー画面で測っていました。
その瞬間に、「あぁ、胎児浮腫だ…」と気づきました。だから、院長は慎重に何度も計測していたんですね。

※NT:胎児後頸部浮腫については、参考までにこちらをどうぞこの記事このページもいいかも。




8月11日(月) BT54 10W3D
E2 : 2088 、 P4 : 20.8
心拍 : 188bpm
胎児の大きさ : 34.2mm
お会計 : 8000円



あまりに長い内診と、浮腫の発見で、かなり動揺してしまったのですが、診察にはなかなか呼ばれず。
気分が悪くなってきて、また処置室のお世話になる一歩手前でした…。
お盆期間だから、午前中しか診察がないのでとても混んでましたからね。


院長 : はい、らぶりーなさんね~。今日ね~、診てみたら、赤ちゃんにちょっとむくみ(=浮腫)が見えるんよ。
私 : はい…。
院長 : (パソコンを操作し、モニターに今日のエコー画像を映して)まぁ、見たところ、むくみは2.1~2.2mmくらいなんよね。1.5mmくらいは多くの人に見られるんやけど。ちょっと今日は赤ちゃんの向きのせいで、いい感じにこういう(ちょうど子宮をど真ん中で割って見たような)状態では見えんかったんよ。角度によって、すごくむくみが厚いように見えてしまうこともあるんやけど。
私 : はい。
院長 : むくみはリンパ液が溜まったもので、3mmくらいなら心奇形や染色体異常の発生率に有意差はないと考えられてます。でも、6mmとかになるともう見てすぐわかるし、赤ちゃんの全身がむくんでくるんですよ。そうなると、循環機能に支障が出て心奇形の可能性が高くなったり、染色体異常、いわゆるダウン症の確率が3分の1くらいだったりすると言われてます。
私 : はい…。(胎児浮腫については知っていたけど、あらためて院長から話を聞くと重いなぁ…。)
院長 : もう1回診る…う~ん。まぁ、2.2mmくらいやから、大丈夫やと思うんやけどね。紹介でもいいかなぁ。若い人やったら、紹介なんやけど。あ~、36歳か、じゃ、紹介でもいいけどなぁ。
私 : (び、微妙だなぁ…。)それだったら、紹介ではなく、こちらでもう1度、診ていただきたいです。
院長 : ええよ~。まぁ、2.2mmやから紹介でもいいとは思うけどね~。でも、もう1回診てもいいでしょう。じゃ、1週間後に来て。
私 : わかりました。
院長 : あんまり紹介が遅くなると、転院先が予約いっぱいになってたりするから、困るんよなぁ。
私 : その辺も確認しておきます。ありがとうございました。


むくみが染色体異常とか心奇形とかと、即座に直結するわけではないことや、あくまでも確率論であることもわかりましたが、自分の中でスッキリせず。
(一方で、むくみがなければ100%問題がないかというと、そういうわけではなく。わからないことはいっぱいあるわけなんですよね。)
心に何かひっかかったまま、卒業というのはどうしても嫌だったので、卒業見送りとなりました。私が紹介を希望したら、院長は紹介状を書いてくれただろうとも思います。
院長は「紹介でもいい」と何度か言ってくれましたが、ここで「ま、いっか~」という気持ちにはなれなかったんですよね。
この胎児浮腫は15週くらいまでに消えてしまうことも多いそうなので、今のうちに診察頻度の高い夢クリで診てもらい、状況を把握しておきたいなと。
幸い、転院先に考えていた大学病院に電話で確認したら、来週時点でも12W前後での転院および分娩予約が可能ということだったので、卒業を延期してよかったと思いました。
院長もいろいろ説明してくれたし(上では覚えているところをまとめましたが、もう少し話してくれました)、赤ちゃんにむくみと聞くとやっぱり驚いてしまうけれど、きちんと知っておくべきことなんだろうと考えています。

それにしても…一筋縄にはいきませんな(苦笑)。
来週月曜、8/18にまた夢クリへ行って来ます。
その頃には、11W3D。卒業時期としてはかなり遅いですね…。
次回、院長からスパッと「紹介でええやろ」と聞けるといいなぁと思います。

あ、そうそう。今日のエコーでちょっと感動が…。
既に腕の形が見え、なんとなくなんですが、口元近くで手先がふわふわと動いていて、今にもおしゃぶりしそうに見えました。
プローブを動かすたび、エコー画像がゆらゆらしていたのですが、私にはそう見えました。
(っていうか、院長に「ちょっとそこでストップ!」って言って、たまちゃんの様子をじっくり見たかったくらい…笑。)
むくみが見えた時には不安もありましたが、たまちゃんがどんどん大きくなってくれているのを感じて、「頑張れ、たまちゃん!」とエールを送っています。


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 薬よ さらば! BT44(8/1の診察)
2008年08月03日 (日) | 編集 |
一昨日、昨日と、ちょっとヘロヘロで8/1の診察の記録が書けませんでした。

8/1の朝、朝ごはん(と言っても、オレンジジュースと食パン1枚)を食べた後、体重計に乗ってみると…ギャッ!
胎嚢確認までは、体重が減るなんてことは1度もありませんでしたが、BT29の時点でピーク時からマイナス1.5キロで驚いていたのに、この日はピーク時からマイナス3.5キロ!
BT29から約2週間で2キロも減ってしまいました。
普段なら喜ぶところだし、マーベロンで大幅増量した体にとっては少しでも減るのはありがたいのですが、たまちゃんがいる今、増えては困るけど、減っても不安です。

最近は、食べづわりの傾向が強くて、ちょっとお腹がすく時に何かを口にしないと、気持ち悪くなってきちゃうんです。
でも、気持ち悪いから食べること自体なかなか気が進まなくて、1度の量はやっぱり少ないんですね。
たまに、調子がよくて、そば・うどんなら完食できることもあるんですけど…。
とはいえ、1日に食べている量を合計すると、トータルでは決して少なくないんですよ。
それで体重が減るなんて、おかしい…。(今まで全く減らなかったから余計に怖い。)
心配だったので、念のため、問診票に書いておきました。

すると、採血前に処置室に呼ばれ、看護師さんから確認を受けました。
(問診票の内容を読んでくれているようです。)
でも、「量はいくらか少なめかもしれないけれど、食べているし、吐いてもいない。それでも体重が減る。」と伝えると、「食べられているのであれば大丈夫です。」と言ってくれました。
食べても戻してしまう場合は、尿検査などをしてケトン体が出ていないかの確認をし、必要に応じて点滴などするようですが、戻すことなく食べられているなら、体重の多少の減少は大丈夫みたいですね。
安心しました。


内診に呼ばれるまで、採血から2時間くらいかかったでしょうか。
内診では、さらに大きくなったたまちゃんが。
(胎児名、変えようと思ったんですけど、あまりに馴染みすぎて、だんなも「たまちゃん以外、ピンとこない」というので、これからもずっとたまちゃんです。)
ところが、院長、「なんだ、(胎嚢が)ほっそながい(細長い)なぁ~。」と2度も言うじゃないですか!
そう言われてみると、なんかたまちゃん、窮屈そう…。



8月1日(金) BT44 9W0D
E2 : 1275 、 P4 : 12.2
心拍 : 188bpm
胎児の大きさ : 22.5mm
お会計 : 8000円



内診の後はすぐに診察に呼ばれました。

院長 : はい、らぶりーなさんね~。もうお薬飲まんでいいよ~。
私 : はい。(やった~!)
院長 : じゃぁ、次回、何もなければ紹介ね~。
私 : はい。(紹介?紹介ってことは、転院先を決めておかなくちゃなのね。まだ決めてないよ~。)
院長 : う~ん。次、次…と。いつ来てもらおうかなぁ。
私 : (院長、8/4~8までお休みだからかな?1週間後だと院長不在の日が卒業予定日になっちゃうのか…。)
院長 : (しばらくカレンダー見ながら数えて)じゃ、8/11、月曜に来て。
私 : わかりました。あの…先生、内診の時に、胎嚢が細長いっておっしゃってましたけど、問題ありませんか?
院長 : あ~、そんなん、人それぞれよ。
私 : じゃ、心配しなくていいんですね。(笑)
院長 : みんな、それぞれよ。人によってみんな違う。
私 : (汗・じゃ、内診の時のは院長の単なる独り言か…。)わかりました。ありがとうございました。

その後、処置室に呼ばれ、看護師さんからも「次回、特に問題がなければ、紹介となるはずですので、転院先を決めておいてくださいね」と念押しされました。
え~っと、院長の独り言にドキッとはしましたが、気にしなくていいようです。


そして、今回の診察で、デュファストンの服用も終了。
5/31~8/1まで、移植周期に入ってからの約2ヶ月間、時間決めの薬が常にあったので気疲れしましたが、やっとおさらばです!
メンタルでまいってしまった時(もう4~5年くらい前です)、毎食後、お薬を飲むという生活が、寛解まで2年続いたので、薬の服用には全く抵抗がないんですが、飲む時間が決められているというのは初めてでした。
お薬を飲まなくてよくなったので、安心していつでも眠ることができます。
実際、だんなにも「薬が終わったら、よく寝るねぇ…」と呆れられるほど。
2ヶ月、大変だったけど、なんとか頑張れました。
朝7時や夜11時のお薬は、だんなが「お薬飲んだ?」ってよく聞いてくれ、それで確認もできたし、ありがたかったです。


さて、転院先ですが、まだ決められていません。
胎嚢確認以降、ずっと安静だったし、紹介とか転院とか、まだまだ先のことに思えて、考える余裕が私に全くありませんでした。
ただ、移植のずっと前からあちこちの病院を調べていて、ざっとですが候補はいくつか考えてあったんですね。
総合病院または大学病院で、個人病院は選択肢に入れませんでした。
だんなに聞かれて、考えている病院を6つくらい(それって絞ってないじゃん!って突っ込みはナシで…汗)伝えておいたんです。
そうしたら、ヘロヘロになっている私に代わって、だんながパソコンで通院経路(我が家には車はないんです)やタクシーでの通院所要時間などを調べてくれて、一緒に検討しています。
我が家の周辺に、病院はかなり多いのですが、電車で通うとなると、決して便利とは言えない位置で、慎重に転院先を考える必要があるとわかったからです。
だんなってば、会社帰りなのに、わざわざ乗り換えの駅まで下見に行って、エスカレーターやエレベーターがあるかとかまで調べてくれてるんですよ!
すごくありがたいです。私、そんなところまで気が回ってませんでした、自分とたまちゃんのことなのに(超反省…)。
移植もする前から気が早すぎるよねと思いつつ調べていた病院でしたが、着床後の安静指示が厳しい夢クリなので、もし何も情報を集めていなければ、今頃もっとアタフタしていたと思います。
今週半ばからだんなが夏休みなので、体調のいい時を見計らって病院巡りをしてくるつもりです。


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 BT32 & BT37 の診察
2008年07月25日 (金) | 編集 |
コメントのお返事も全然できずに申し訳ありません。
パソコン前に座るとお腹が張ったり、具合が悪くなったりで、ほとんどテレビも見ずに横になったきりの生活をしていました。
お友達のブログも読ませてはいただいているのですが、読み逃げになってしまっています。

そんなこんなで前回の診察(BT32)の記録も書けずにいたので、今日、まとめて書いちゃいますね。




7月20日(日) BT32 7W2D
E2 : 558 、 P4 : 3.9
心拍 : 1回目=158bpm 、 2回目=158bpm
お会計 : 9660円



内診時は心拍数が落ちていないか、たまちゃんが小さくなってしまっていないか、エコー画面を見る時は、毎回、心臓が縮みそうなほど緊張します。
この日は、5回も心拍を測りなおされ、何か問題があるのかと不安になりましたが、それについての院長からのコメントは特にありませんでした。
でも、診察時には「黄体ホルモンがまだ足りんな~(う~ん…という顔)」と言われ、プロゲデポー注射125mgとデュファストンが引き続き処方されました。
この日も、赤ちゃんの大きさを聞いたところ、「まだそんなん関係ない。」と言われてしまい、院長は黄体ホルモンの伸びを気にしているんだな~と感じ、次回までに伸びてくれるよう祈りました。



ここのところ、暑すぎて通院が嫌になりますね。
今日は、スポーツドリンクと小さ目の保冷剤をタオルにくるんで持参しました。
これが、炎天下を歩いてきた体を冷やすのに効果的!
頭と顔に熱がこもってしまうと、途端に気分が悪くなるので、保冷剤を首筋やほっぺたに当てることで冷ますことができ、待ち時間もそんなに具合が悪くならずにすみました。

P4の値がこのまま伸び悩んだ場合、どうなってしまうのか、とても気にかかっていたので、問診票に記入。
どうやら卒業された夢クリブロガーさんの記事を見ると、P4=8を越えると、プロゲデポー注射やデュファストンが終了となっているようです。
その基準値に少しでも近づいているのかどうか…。



7月25日(金) BT37 8W0D
E2 : 942 、 P4 : 8.5
心拍 : 179bpm
胎児の大きさ : 13.4mm
お会計 : 9806円



院長 : はい、らぶりーなさんね~。
私 : はい。(あれっ?先生の後ろにメガネをかけて白衣を着た男性が座ってるぞ。夢クリに研修に来てる?それとも新しい先生とか?S原先生は癒し系だけど、この人はちょっぴり厳格系だなぁ。お名前は松本先生っていうのねぇ。ほほぉ~。)
院長 : 黄体ホルモン8.5かぁ。注射はもうせんでええな。でも、8.5やったら、デュファストンあと1週間くらい続けといた方がいいわな。
私 : はい。(やった!プロゲデポー終了っ!)あの…引き続き安静ということになりますか?
院長 : そうやね。まだ8週に入ったところやからね。胎児もまだ小さいから安静にしとった方がいいでしょう。
私 : はい。(院長の言葉がソフトだから、絶対に安静!っていうよりも、念のために安静って感じかな^^。安静、がんばろっと。)
院長 : (デュファストンを袋に入れながら)デュファストン42錠っと…。はい、じゃ、これ。次は1週間後、8/1に来てね。あと、看護師さんから話あるから、前で待っとってください。
私 : はい。ありがとうございました。


よかった!P4が8を越えてました!
コンスタントに数値が伸びてきた人は、ここで注射もデュファストンも終了になっている感じですが、私の場合、ここにきてやっと数値が伸び始めたので、失速させないためにデュファストンが処方されたんだろうと推測しています。
私も、今までの様子を考えると、急にお薬も注射もなしになるのは不安だったので、デュファストンが処方されて、少しホッとしています。
看護師さんから、「デュファストンは飲み忘れないでください。」と強く言われたので、気を抜かずに頑張って飲み続けます!

それから、今日は、心拍は1回しか測られませんでした。なんでかしら?
でも、初めて赤ちゃんの大きさを測ってもらえました!
しかも、その時に、クリオネみたいな形(でも、頭から手から足から全部丸い)の赤ちゃんの真ん中が、動いているのを発見!
やっと自分のこの目でたまちゃんの心臓が動いているのを見ることができました!
すごく早くてピコピコとかチカチカというより…ピロピロピロピロ~っていうように見えましたよ。
心拍数を教えてもらい、心拍確認ができていると頭でわかっていたのに、実際に動いている姿を見たら実感が湧いてきて、涙が出そうでした。
あのピロピロピロピロ~を見た瞬間のこと、絶対忘れないと思います。


家で熱中症になりかけたみたいなので、予防をしっかりしないと…。
なんとなく自分の体の傾向がつかめてきたので、これからはもう少し楽に過ごせそうな気がします。
あ、寝苦しくてお困りの方!日中、暑さでフラフラになってしまう方!
アイスノン、お勧めですよ~!
我が家では、今、保冷剤とアイスノン、フル活用です!


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活
 軽くつわってます D47 BT29
2008年07月17日 (木) | 編集 |
はひふへほ~。
しんどいなぁ。

少し前からつわり?って症状が出てきてましたが、少しずつパワーアップしてます。
胃の不快感がず~っと続いています。
たまにゲップやしゃっくりも。

吐くまではまだないので、全然軽いんだと思うんですが、普段、胃が強い私にとってはかなりつらい…。
ず~っと気持ち悪いことが…つらい…。
昨夜は一睡もできませんでした。
この程度で情けない…(>_<) 

食べ物は比較的なんでもいけますが、1度に食べる量はかなり減りました。
マーベロン&ストレス?で大きくなった胃からは想像できません!
だんなが「ずいぶん食べなくなったね…」と言うほど。
体重、ピークから1.5キロ減ってます。
ちょこちょこ食べてるのに減るってことは、いかに以前の食欲が凄かったかがわかりますね(汗)。

今、だるくて気持ち悪くて、ご飯を炊くことも嫌です。
だから、野菜ジュース、グレープフルーツジュース、ゼリー、スーパーのお惣菜、お豆腐、インスタントのパスタを回して食べてます。
素麺とかも食べたいんですが、麺を茹でるのが嫌…。
意外にハマったのが、インスタントのパスタ。
レンジでチンして食べるやつ。
量も多過ぎず(たまに食べ切れないけど)、熱々で食べられて、重宝しています。
この時期は食べられるものを口にするだけでいいみたいなので、かなりめちゃくちゃな食生活です(笑)。

あと、甘いものを食べたくなくなりました。
チョコレートも菓子パンもおまんじゅうも。
逆にしょっぱいものが美味しい!
塩せんべいとじゃがりこが最高~!
でも、塩分とりすぎはよくないので気をつけています。

これ、布団の中で携帯からなんですが、今になってやっと不快感が和らぎました。
寝るチャ~ンス!
ってことで、おやすみなさい(v_v)zzz。

 心拍確認でした D45 BT27
2008年07月15日 (火) | 編集 |
一昨日の出血、数時間後には、黒っぽい血がナプキンに500円玉の大きさにつく程度に治まりました。
でも、この黒いような茶色いような血は、どうしてもちょこっと出てくるので、常にナプキンが欠かせません。
不意に出血して下着だけじゃなく、パジャマやシーツ、布団まで汚したら…て思うと…ね。
出血が増えることはなかったので、院長や皆さんからのアドバイスを信じて、ひたすら安静に、そして余計な心配はしすぎないようにしていました。
本当、いつも応援、ありがとうございます。とっても心強いです。


今日は、心拍確認の予定の日。
「今日、見えなくちゃだめ」ってわけじゃないでしょうけど、やっぱり「今くらいになら見えるかも」と思われる時期でしょうから、やっぱり心拍が確認できることに越したことはなく。
ひたすら祈っていました。

内診室に呼ばれると、ポヤーンと大きくなった胎嚢が。
おお~、でかくなったなぁと思いきや、胎芽らしきものがぼんやりと。
なんだか今日のエコーは鮮明でなく、見えにくいなぁ、これで赤ちゃんのピコピコ見えるのかなぁ…なんて思っていたら、院長、胎芽も胎嚢の大きさも測らずに別の画面へ
ええ~~っ!!!!と軽くショックをうけていると、いつものエコー画面の横に、横線がいっぱい…シマシマ。
なんじゃこりゃ?と思っていると、なにやら院長が計測していて…それで心拍を測っていたのでした!
なんか、バーコードが横になったようなのだったのですが、どうしてこれで心拍が測れるんだろう?謎だらけ~!な内診でした。



7月15日(火) D45 BT27
E2 : 455 、 P4 : 2.1
心拍 : 1回目=124bpm 、 2回目=126bpm
お会計 : 9660円



たまちゃんのピコピコが見られるかもと思っていたので、ちょっと残念だったけど、ちゃんと心拍確認ができて、少しホッとしました。


院長 : 心拍取れたね。
私 : はい。
院長 : もうエストレースは終了ね。デュファストンは今までと同じように飲んで。
私 : (やった!)
院長 : あと、出血はそんなに心配せんでも安静にしとったら大丈夫やからね。
私 : はい、わかりました。(安静頑張りますっ!)あの…心拍数が少ないとか…ないでしょうか?
院長 : うん、まぁ、こんなもんやろ。
私 : (今日はお急ぎモードだなぁ。他にも聞きたいけど、ま、いっか~。)
院長 : あ!プロゲデポーは必要やな。今日も注射してってね。じゃ、前で待っとって。
私 : はい。ありがとうございました。


なんだか想像していたよりもアッサリサッパリな心拍確認でしたが、とにかくたまちゃんが元気でよかった!
後は心拍が安定し、ここから心拍数が伸びていってくれることを願います。
陽性判定からここまで来られました。
先はまだまだ長いけれど、一息つけたような気がします。
また気合を入れて頑張らなくちゃ。
一喜一憂している場合ではないですよね。

なんとなく呼んできた「たまちゃん」ですが、タマゴからとってのたまちゃんだったので、呼び方変えないとかな。
心拍が取れて、私の中に新しい命があるという実感が湧いてきました。
なんとしてでも守っていきたいと思います。


次の診察日は20日。
うぉ~!日曜の診察…激混みでしょうが、頑張って行ってきます。


テーマ:不妊治療
ジャンル:結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。